メインイメージ画像

不正コピーは著作権法にあたる

複製権は、知的財産権のことであり、その権利を保守する法律が著作権法になるのです。著作権法は、昭和45年5月に定められた古い法律なのです。今頃、増えている不正コピーから知財権を保つために、さらに厳格された改正版が2012年10月に制定されました。
不正コピーの増加により配給元の利益が低くなり、新たな作品を産出することが不可能になったり、文化の発達を妨害しないように厳密な内容になっております。

個人個人で、映画などを保存するのも法律違反になり、DVD等に設定されている防止システムを解除するソフトを提供するのも刑罰の対象となっているのです。
作品の保護、配給元の保護を最優先した視点から、変えられた法律だと思われます。

昨今のホームページ上では様々な動画を集めたHPがすごく人気なのです。しかしながら、その中には作った人の許可をもらわず記載したと予測される動画が様々あります。


それら動画は、ほとんどが違法ダウンロードと思われ、社会的な問題にもなってきています。違法ダウンロードされると、代金が制作者に届かず、新しい制作が作れず、業種自体が停滞してしまう可能性もあります。一方、ただだからといって、違法ダウンロードを認めながらダウンロードを施すと違法ダウンロードとなってしまいます。
そればかりか、通常品で保障が確約されているサポートがこれっぽっちも受けられず、ウイルス感染したりなどの状況もしばしばあがっています。